木のおもちゃ ユーロバス 通販サイト

7000円(税抜)お買い上げで送料無料!
メール便商品は送料270円(税込)

木のおもちゃの通販サイト。ドイツ・ヨーロッパの木製玩具、赤ちゃんのおもちゃをご出産祝い・お誕生日プレゼントに贈ってみませんか。

  • [KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240
  • [KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240
  • [KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240
  • [KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240
  • [KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240
  • [KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240
  • [KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240
  • [KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240

[KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240

型番 6-KSN-M33-10
販売価格 29,000円(税込31,320円)
購入数

[KOESEN ケーセン社]白くま (大) 3240

世界で一番美しいといわれるドイツ・KOESEN/KOSEN(ケーセン社)の動物のぬいぐるみ。愛らしい表情のシロクマのぬいぐるみです。

人気のシロクマは、大・小・ミニの3種類ございます。

KOESEN(ケーセン社)のぬいぐるみは、品質の高さと美しいデザインで、世界中から高い評価と信頼を得ています。

高品質なケーセン社の動物のぬいぐるみは、それぞれの動物の個性をできる限り本物に近い姿で表現されています。
動物の一部は、デザイナー達の手によって改良が加えられて、デザインが変化することもあります。
毎年、新しい動物のぬいぐるみがラインナップされる一方で、素材の入手が困難になり生産が中止されるアイテムもあります。 ケーセン社のぬいぐるみは、手作業の多い工程をいとわずに、「最高高品質のぬいぐるみを世に出していく」というコンセプトの基に製造されています。

ケーセン社のぬいぐるみは柔らかくお子さまが、自由に動かして遊べるものになっています。
また、ぬいぐるみの顔はデフォルメされたものではなく、遊ぶお子さまがその時々の感情を移入できる自然なものになっています。
縫製もいつまでも壊れないしっかりしたものになっていますので壊れにくく、お子さまの大切なお友達として長く一緒にいることができます。 ご出産祝いやお誕生日プレゼントにもオススメです。


▲ドイツ・KOESEN(ケーセン社)の動物のぬいぐるみ一覧はコチラです。

※お取り寄せの場合は、お届けまでに5〜7日お待たせいたします。

■対象年齢 1歳/2歳/3歳/4歳/5歳〜大人の方 ■サイズ 体長/52cm ■製造元 KOESEN ケーセン社(ドイツ)※ドイツ製 ■輸入元 Atelie NIKI TIKI(アトリエ・ニキティキ) ■安全基準 ヨーロッパ安全基準CE ■材質 表面/綿・ポリアクリル・モードアクリルなど
中綿/ポリエステルなど
目/プラスチック
■関連KeyWord 布製玩具SOFT TOY / インテリアINTERIOR / KOESEN(ケーセン社) / ケーセン社 動物のぬいぐるみ / 赤ちゃんのおもちゃBABY0歳〜1.5歳 / TODDLER2〜4歳 / PRESCHOOL4〜5歳 / 出産祝い / 1歳の誕生日プレゼント / 2歳の誕生日プレゼント / 3歳の誕生日プレゼント / 4歳の誕生日プレゼント / 5歳の誕生日プレゼント / >10000円

■KOESEN(ケーセン社)の動物のぬいぐるみの洗い方

<アクリルやウール素材のぬいぐみの場合>

※事前に洗濯表示をご確認下さいませ。

通常は、固く絞った布で拭いて、軽くブラシをかけて下さい。

お洗濯する場合は、お天気の良い日を選び、毛糸用の洗剤で上質のセーターを洗うように押し洗いして下さい。 できるだけお人形の中に洗剤が入らないように手早く洗って下さい。 部分的なもみ洗いは避けて下さい。
洗った後は、ネットに入れてすばやく脱水し、風通しの良い場所で形を整えて日陰干しをし、よく乾かして下さい。

■KOESEN/KOSEN(ケーセン社)について

世界中に多くのファンを持つドイツのぬいぐるみメーカーKOESEN/KOSEN(ケーセン社)。
※正式名称「Koesener Spielzeug Vertriebs GmbH」

ケーセン社は、東西の壁の崩壊後、質の高いぬいぐるみを世に出していくというコンセプトを掲げ新たに再出発した会社です。 前身は、1912年にドイツの代表的な人形として世界的に知られるケテ・クルーゼ人形の工房としてスタートしました。

第二次世界大戦後、1965年にケテ・クルーゼ社の下請けをやめて、ザクセン・アンハルト州バート・ケーセン近郊のハルにある芸術大学のデザイナーやアーチストと手を組んで、独自の動物を中心としたぬいぐるみ製作を始め、1969年にケーセン社に名前を変更しました。

そして、1992年に東西ドイツの壁の崩壊で自由経済が始まった時、当時バート・ケーセンの市長ドクター・シャッヘ氏がこの工房を入手し、「伝統的な技術」と「良質のものを作る気概」に裏打ちされた新しいぬいぐるみの会社ケーセン社を立ち上げることになりました。

壁の崩壊後に短い期間、ぬいぐるみの大手シュタイフ社の下請けをしていた経験も現在のケーセン社の誕生に役立ちました。

また、チーフデザイナーのアンネカトリン・メーラン(Annekatrin Mehlan)女史が優れたデザイナーだったことも大きな要因と言えます。
彼女は、毎週動物園に通い動物をスケッチし写真の撮影や観察を続けて、自然の動物の特長を捉えて、ぬいぐるみのデザインに生かしました。 現在でも、メーラン女氏は、他国の大きな国立公園を訪ね、野生の動物を観察を続け、デザインチームの中心となり活躍しています。

ケーセン社のシンボルにライオンを使ったのは、ライオンが百獣の王であることに加え、社長のシャッヘ氏が、獅子座生まれだからです。



▲ドイツ・KOESEN(ケーセン社)の動物のぬいぐるみ一覧はコチラです。

トップセラー